我が家を守る|蜂の駆除を自力で行う際は服装に気をつけましょう
男女

蜂の駆除を自力で行う際は服装に気をつけましょう

我が家を守る

木材

監視も必須

シロアリの侵入を防ぐことが住まいを守る唯一の方法で、こまめな監視が肝心と言われています。我が家には被害が出ないと言う油断は禁物で、隣近所に潜む場合には被害が拡大してしまうケースも挙げられます。エサとなる木材のみならず、近年では雑食性として発泡スチロールなども食害するほどです。地中から家に侵入し、土台や柱などを食害した後、床板などを食べ荒らしながら暮らしの中へと侵入してくる特徴を持ちます。現在、駆除・退治業者が無料点検の訪問サービスなどを提案してくれているため、賢く利用するのも手の1つです。ですが、駆除・退治業者選びにも妥協は禁物で、不安につけこむ悪徳業者もゼロではないため、何より普段から我が家のこまめな監視は必須です。やみくもに不安をあおることや、持ち込んだシロアリを見せて駆除を装う手口も実際にあるほどです。訪問での場合、その場で決めず、信頼できる地域密着型の工務店や業者に依頼することもテクニックです。

水回りも新しく

全国各地、多い・少ない地域の差は生じるものの、シロアリ被害はどの地域にも起きる可能性があり、駆除・退治のプロの手を必要とします。生息するのは8割がヤマトシロアリで、家屋に被害を及ぼしています。その多くは浴室やキッチンなどの湿気の多い場所を好み、駆除業者のリアルな意見としてよく発見する場所は浴室です。湿気と暖かさから繁殖に適する場所に選ばれ、土台や窓台 、洗面所の床組なども木材が使用されています。近年、築年数によってリフォームが行われていますが、人気なのはリノベーションとなる大規模施工です。シロアリによる食害が進んでいる場合、耐震性能までがダウンしています。もちろん、新築住宅では定期的な点検によって水回り中心でメンテナンスが可能ですが、木材を食害するため、耐久・耐水・加工性に優れた建材へと施工する家庭が増えています。その際、被害に見舞わないため、駆除・退治業者による予防の薬剤を建材に埋め込んだり、仕掛けたり、施工と同時に依頼する家庭も多く、評価を高めています。

Copyright © 2017 蜂の駆除を自力で行う際は服装に気をつけましょう All Rights Reserved.